dTVはおすすめ?料金・ラインナップ・無料期間などサービス内容徹底解説

dTVは、携帯電話でお馴染みのドコモが提供しており、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、バラエティ、アニメ、音楽など様々なジャンルを配信している動画配信サービスです。ドコモユーザー限定のサービスという印象もいまだにあるかもしれませんが、dTVはドコモユーザー以外でも利用可能です。

今回は、dTVの月額料金、配信ラインナップ、無料期間などのサービス内容を他の動画配信サービスとの比較を交えながら徹底解説します。

公式サイト:dTV

1.dTVとは?サービス内容や特徴まとめ

まずは、dTVのサービス内容や特徴を一覧にまとめています。次の章から各項目ごとに詳しく解説します。

月額料金(税抜) 500円
総配信数 120,000本以上
作品の種類 見放題+PPV(個別レンタル)
視聴可能デバイス ■ パソコン
■ スマホ・タブレット
■ Amazon Fire TV・Fire TV Stick
■ Chromecast
■ Apple TV
■ dTVターミナル
■ テレビ・Blu-rayプレーヤー
画質 SD~HD(一部4K作品あり)
支払い方法 ■ クレジットカード
■ デビットカード
■ ドコモケータイ払い
無料期間 31日間
★dTVの特徴★

■ 月額料金は業界最安級
■ 総配信数が多い
■ オリジナル作品が魅力的
■ アニメの見逃し配信が充実
■ 音楽コンテンツが充実
■ 動画のダウンロードができる!オフライン視聴可能
■ FOXチャンネルリアルタイム配信が視聴可能

公式サイト:dTV

2.月額料金は500円(税抜)

dTVの月額料金は500円(税抜)です。下の他の動画配信サービスとの比較表のとおり、dTVの月額料金は非常に安いことがわかります。

順位 サービス名 月額料金
(税抜)
1位 Amazonプライムビデオ 300円
2位 DMM見放題chライト 500円
2位 dTV 500円
4位 auビデオパス 562円
5位 FODプレミアム 888円
6位 Hulu 933円
6位 TSUTAYA TV 933円
8位 Netflix 950円
9位 ビデオマーケット 980円
10位 U-NEXT 1,990円

※ Amazonプライムビデオの月額料金は、年額プラン3,900円の場合で、月額プランでは400円になります。
※ Netflixでは、3つのプランがあり、表中の月額料金はスタンダードプランのものです。

3.総配信数は120,000本以上

配信ラインナップのポイント✅ 総配信数は120,000本以上
✅ オリジナル作品が魅力的
✅ アニメの見逃し配信が充実
✅ 音楽コンテンツが充実

dTVの配信ジャンルは、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティ、音楽などがあり、120,000本以上が配信されています。下の他の動画配信サービスとの比較表のとおり、配信作品数は多いです。

dTVのラインナップの特徴として、総配信数の多さはもちろんですが、オリジナル作品が魅力的な面があり、2017年秋に放送されたドラマ「パパ活」も、元々はdTVとFODの共同制作によるオリジナル作品です。それに加え、映画の公開に合わせたオリジナル作品の配信もしていて、最近で言えば映画「不能犯」のスピンオフドラマがあります。さらに、アニメの見逃し配信にも力を入れているので、アニメが好きな方にとっても心強いサービスです。また、dTVは、ドコモが提供しているサービスではありますが、運営はエイベックス・デジタルがしているので、音楽コンテンツが非常に充実しています。ミュージックビデオ・ライブ映像・カラオケなどの配信数の多さは、dTVが他のサービスよりも優れている点です。

動画配信サービスには、①月額料金だけで全て見放題のサービスと、②月額料金だけで見放題の動画+PPV(個別に料金を支払うことで観ることができる動画)を配信しているサービスの2種類に分かれますが、dTVは後者(②)です。PPVの動画は、主に最新作の映画などが多く、1本当たり500円程度なので、レンタルに行くのが面倒な場合は個別に料金を支払うことで、すぐに最新作の映画を観ることができます。

自分の観たい作品を確認したい場合や、どんな作品があるか詳しくご覧になりたい方は、公式サイトでご確認ください。

公式サイト:dTV

サービス名 総配信数 作品の種類
dTV 120,000以上 見放題+PPV(個別レンタル)
Netflix 数千本 見放題のみ
auビデオパス 10,000以上+α 見放題+PPV(個別レンタル)
ビデオマーケット 190,000以上 見放題+PPV(個別レンタル)
U-NEXT 120,000以上 見放題+PPV(個別レンタル)
FOD 22,000以上+α 見放題+PPV(個別レンタル)
DMM見放題chライト 7,000以上 見放題のみ
Hulu 40,000以上 見放題のみ

4.視聴可能デバイス

dTVの動画を視聴できるデバイスは、主に以下の7つがあります。これは、他の動画配信サービスと比較しても非常に充実しています。

■ パソコン
■ スマホ・タブレット
■ Amazon Fire TV・Fire TV Stick
■ Chromecast
■ Apple TV
■ dTVターミナル
■ テレビ・Blu-rayプレーヤー

4-1 パソコンでの視聴


dTVの動画を観ることができるパソコンのOSは、Windowsの場合、7以降で、Macの場合、OS X 10.10.3以降となっています。また、ブラウザはほとんどのものに対応しているので、ご自身がお使いのパソコンで観ることができると思います。スマホやタブレットとは違い、アプリのダウンロードなどの必要はないので、すぐに動画を楽しむことができます。

4-2 スマホ・タブレットでの視聴


スマホやタブレットでの視聴の場合は、専用のアプリをダウンロードする必要があります。Android端末の場合はGooglePlay、ios端末の場合はApp Storeで「dTV」と検索し、アプリをダウンロードしてください。

4-3 Amazon Fire TV・Fire TV Stickでの視聴


Amazon Fire TV・Fire TV Stickでの視聴の場合は、専用のアプリをダウンロードする必要がありますが、スマホやタブレットと同じようにアプリをダウンロードするだけなので、手間をかけずにテレビの大画面で動画を観ることができます。

Amazon Fire TV・Fire TV Stickは、Wi-Fi環境下でテレビのHDMI端子に接続することで、動画を再生できるストリーミングデバイスで、リモコンも付いているので操作も簡単です。価格は、Amazon Fire TVが8,980円、Fire TV Stickが4,980円となっており、この価格差は、主に最高画質などのスペックの差です。とはいえ、Fire TV StickもHD画質に対応しているので、十分な機能です。

4-4 Chromecastでの視聴


Chromecastでの視聴の場合は、スマホやタブレットにダウンロードした専用アプリからChromecastに映像をキャストすれば、テレビの大画面で動画を視聴することができます。

Chromecastは、Wi-Fi環境下でテレビのHDMI端子に接続することで、動画を再生できるストリーミングデバイスで、簡単に言うとスマホやタブレットの映像をテレビの画面に映し出す機械です。Amazon Fire TV・Fire TV Stickとは違い、リモコンはついていないので、全てスマホやタブレットで操作します。Chromecastには、Chromecast Ultra(9,000円程度)とChromecast(5000円程度)の2種類があり、この価格差は、主に最高画質などのスペックの差です。とはいえ、ChromecastもHD画質に対応しているので、十分な機能です。

4-5 AppleTVでの視聴


AppleTVでの視聴の場合は、専用のアプリをダウンロードすることで、dTVの動画を観ることができます。

AppleTVは、アップルが開発・販売しているデバイスですが、値段が高いので、アップルの製品が余程好きでない限り、Amazon Fire TV・Fire TV StickやChromecastのほうがおすすめです。

4-6 dTVターミナル


dTVターミナルは、ドコモが販売しているストリーミングデバイスで、dTVとdアニメストアをテレビで視聴することができる端末です。使用方法は、コンセントに電源を差して、Wi-Fi環境下でテレビのHDMI端子に接続するだけなので非常に簡単で、操作もリモコンが付いているのでテレビ感覚で行うことができます。

また、USB給電に対応しているので、USB接続できるテレビの場合はコンセントに差さずに使えるので、無駄な配線を増やさずに済みます。

4-7 テレビ・Blu-rayプレーヤーでの視聴

dTVに対応しているテレビやBlu-rayプレーヤーを使用すれば、テレビの大画面で動画を楽しめます。ご自身がお使いのものが対応しているか確認したい場合は、こちらで確認してください。

対応機種の確認はこちら

4-8 その他


dTVでは、PS4などのゲーム機には対応していません。PS4で動画配信サービスを利用したい方は、こちらの記事に視聴可能なサービスをまとめていますので、参考にされてください。

5.画質はHD画質まで対応


dTVの画質は、SD画質からHD画質まで対応しています。また、HDR対応の動画も配信されているので、さらに綺麗な画質で楽しむことができます。HDRとはHigh Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称で、通常よりも広い明るさの幅を表現できる技術です。さらに、一部の作品では、4K画質に対応しているものもあります。ただし、まだ対応して間もないので、対応作品はあまり多くないです。

6.dTVの便利なところ

dTVには、便利な機能がいくつかあるので、解説します。

6-1 ダウンロードに対応!オフライン視聴が可能


dTVでは、動画をダウンロードすることができます。自宅のWi-Fiでダウンロードしておいて外出先で観ることができるので便利な機能です。動画のダウンロードができるのは、スマホやタブレットのアプリを利用して視聴する場合のみで、パソコンなどではダウンロードできません。とはいえ、外出先で動画を観る場合は、スマホかタブレットかと思うので、問題ないですね。

6-2 dポイントが使える


dポイントは、ドコモのケータイをお使いの方ならほとんどの方が貯めているかと思いますが、最近ではドコモユーザー以外の方で貯めている方もいるのではないでしょうか。先ほど説明しましたが、dTVにはPPV(個別に料金を支払うことで観ることができる動画)が配信されいますが、これにdポイントを使うことができます。最新作の映画が500円程度なので、500ポイント使用すれば観ることができます。ポイントをたくさん貯めている人は、お得になりますね。

6-3 FOXチャンネルリアルタイム配信が視聴可能

出典:FOXとは?|チャンネル紹介一覧(総合)|FOXネットワークス

FOXチャンネルは、FOXネットワーク株式会社が運営する「FOX放送」が制作したドラマなどを放送する専門チャンネルです。動画配信サービスとは少し違い、テレビ放送と同じようにあらかじめ放送スケジュールが決まっています。大人気のウォーキング・デッドもFOXチャンネルで日本最速放送されています。

FOXチャンネルは、通常スカパーやケーブルテレビと契約しないと観ることはできませんが、dTVならFOXチャンネルを観ることができます。追加料金などは一切かからず、サービスの一つとして利用することができるので、海外ドラマが好きな人は、これだけでもdTVに登録する価値があります。月額500円でFOXチャンネルを観ることができるのは、dTVの強みですね。

7.支払い方法


dTVの支払い方法には、以下の3つがあります。現金での支払い方法はなく、他のサービスと比べると支払い方法は少なめです。

■ クレジットカード
■ デビットカード
■ ドコモケータイ払い

7-1 クレジットカード


dTVでは、VISA、JCB、Master Card、American Expressが対応しています。残念ながらDiners Clubは対応していませんが、ほとんどのクレジットカードが使えます。

7-2 デビットカード

公式には明記されていませんが、dTVではデビットカードでの支払いに対応しています。デビットカードは、15歳以上から持つことができるので、クレジットカードを持つことができない若い方におすすめの支払い方法です。

7-3 ドコモケータイ払い


dTVでは、ドコモケータイ払いに対応しています。ご自身がお使いの携帯電話料金と一緒に支払うことができるので、便利な支払い方法です。残念ながら他社のauかんたん決済とソフトバンクまとめて支払いには対応していません。

8.お得な31日間の無料期間


dTVには、31日間の無料期間が用意されており、新規ユーザーが利用しやすくなっています。無料期間内でも有料会員と変わらないサービスを楽しむことができるので、自分にあったサービスか試すこともできます。

無料期間内に解約すれば月額料金は発生しないので、安心してサービスを利用することができます。また、登録の際に決済方法を選択するので、無料期間を過ぎたら自動的に有料会員に移行されます。継続しない場合は解約を忘れないように注意してください。

9.dTVの評価・評判

作品の充実度 ★★★★☆ 4/5点満点中
コストパフォーマンス ★★★★★ 5/5点満点中
その他のサービス内容 ★★★★☆ 4/5点満点中
総合評価 4.33/5点満点中

作品の充実度は、他のサービスと比較しても多いので、4点評価としています。また、コストパフォーマンスについては、他のサービスと比較しても業界最安級なので、満点評価としています。最後にその他のサービス内容は、FOXチャンネルを観ることができる点や動画のダウンロードに対応している点を評価して4点とし、総合評価は4.33点としています。dTVは、月額料金も安く、サービスの内容も充実しているので、初めて動画配信サービスを利用する方におすすめのサービスです。

10.まとめ

今回は、dTVの月額料金、配信ラインナップ、無料期間などのサービス内容について解説しました。ユーザーによって好みは分かれるかと思うので、無料期間を利用して自分にあったサービスかどうか確かめることも必要かと思います。

▽ 当サイトのおすすめ特集一覧

 class=
 class=
 class= class=