dTVの画質はHD・4K?設定や変更方法も徹底解説

dTVは、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティなど様々な動画を120,000本以上配信しているサービスです。また、月額料金500円(税抜)なので、他のサービスと比較していもコストパフォーマンスが良いです。視聴可能なデバイスには、パソコン、スマホ、タブレット、テレビなど様々なものがありますが、一体どれくらいの画質で観ることができるのか気になりますよね。

そこで、今回は、dTVの画質や設定方法まで詳しく解説します。

1.動画の画質


画質と言えば、SD、HD、フルHD、4Kなどの言葉を聞いたり、見たりすると思いますが、興味がない人にとっては、何が高画質なのかよくわからないですよね。そこで、まずは画質について簡単に解説します。まずは、下の表を見てください。

名称 解像度 備考
SD画質 480p DVDの同程度
HD画質 720p
フルHD画質 1080p Blu-rayの同程度
4K画質 2160p

動画の画質は、大きく分けると上の表にある4つに分けられます。細かく分けると他にもありますが、上の4つを押さえておけば問題ないです。

基本的に解像度の数値が高いほうが画質が良く、低いほうが画質が悪いです。ただし、一番画質が悪いSD画質でも皆さんがご覧になったことがあるDVDと同程度の画質なので、スマホなどの小さい画面で観る分には十分です。また、フルHDにもなれば、Blu-rayと同程度の画質なのでテレビなどの大画面でも綺麗な映像を楽しむことができます。画質に相当のこだわりがない限り、4K画質に対応している必要はあまりないかと思います。

2.dTVの画質はHD対応

dTVの画質は、基本的にSD~HDまで対応しています。(一部HD未対応あり、一部4K対応あり)最近の動画配信サービスは、ほとんどがSD~HDまで対応しているので、特別画質がいいサービスとは言えないです。とはいえ、HD画質なら一般のDVDよりも高画質で動画を楽しむことができるので、スマホやタブレットなどの小さい画面で視聴することが多い方は、あまり気にならないと思います。

3.一部の作品は4K画質にも対応

dTVの一部の作品では、4K画質にも対応しています。4Kに対応している動画配信サービスは数える程しかないので、dTVは先進的なサービスを提供していることになります。ただし、4Kに対応している作品数はまだ少なく、数える程しかないです。今後、4K対応作品の拡充やフルHDへの対応を期待しましょう。
 dTV公式サイトへ

4.画質の設定・変更方法

デバイス 選択肢
パソコン ■ 自動
テレビなど ■ 自動
スマホ・タブレット ■ 自動
■ ふつう
■ きれい
■ すごくきれい
■ HD

※ 自動とは⇒通信環境によって自動的に画質を調整してくれます。

dTVの画質の設定・変更方法や選択肢は、利用するデバイスごとに異なります。上の表を見ればわかるとおり、パソコンとテレビで視聴する場合は、画質設定や変更をすることができず、通信環境によって自動的に画質を調整してくれます。データ通信量を抑えるために低画質で観たい時は、少し不便に感じるかもしれませんが、自動で調整してくれるので、動画を止まることなく観ることができます。

スマホ・タブレットで観る場合は、画質を設定・変更することができるので、その方法を画像付きで解説します。

4-1 ストリーミング再生の場合

① まずは、スマホ・タブレットからdTVのアプリを開いて自分が観たい作品のページに移動し、真ん中左にある[]をタップします。

② 画質を選択できるページが表示されるので、ご自身が視聴したい画質をタップしたら、変更は完了です。また、HD画質に対応している動画では表示されませんが、HD画質に対応していない動画では「きれい」よりも低画質の「ふつう」が選択肢に表示されます。

4-2 ダウンロード再生の場合

dTVの動画は、スマホ・タブレットで視聴する場合ダウンロード再生に対応しているので、ダウンロードの際の画質の設定方法を解説します。

① まずは、ストリーミング再生の場合と同じようにdTVアプリを開きご自身が観たい作品のページに移動し、赤枠で囲んでいる[DL]をタップします。

② タップしたらエピソードの一覧が表示されるので、ご自身が観たいエピソードの[DL]をタップします。

③ タップしたらダウンロード画面が表示され、ここで、ダウンロードする動画の画質を設定することができます。ご自身がダウンロードしたい画質をタップすればダウンロードが開始されます。

5.倍速再生する方法

画質からは少しそれますが、dTVの動画は、スマホ・タブレットの場合、倍速再生することができるので、再生方法を解説します。

① まずは、スマホ・タブレットからdTVアプリを開き、ご自身が観たい動画のページに移動して、[]をタップします。

② 再生速度を選択する画面が表示されるので、[1.5×]、[2.0×]のどちらか好きなほうを選んでタップすると倍速再生されます。

6.通信量と必要な回線速度

dTVの動画を観る場合の通信量と必要な回線速度について解説します。

6-1 通信量

画質 1GBあたりの
視聴可能時間
1時間あたりの通信量
ふつう 約6.6時間 約150MB
きれい 約4.1時間 約240MB
すごくきれい 約1.3時間 約760MB
HD 約0.65時間 約1.52GB

dTVの動画を観る場合の通信量は、上の表のとおりです。「ふつう」、「きれい」、「すごくきれい」については、通信量は少ないですが、HDだと結構多いですね。通信制限にかからないように、モバイル回線時は「ふつう」~「すごくきれい」で視聴して、Wi-Fi回線時はHDで視聴するなど工夫したほうがいいですね。

6-2 必要な回線速度

画質 回線速度
ふつう 約0.3336Mbps
きれい 約0.5336Mbps
すごくきれい 約1.6888Mbps
HD 約3.3776Mbps

dTVの動画の再生に必要な通信速度を、動画のデータ通信量から算出すると上の表のとおりになります。画質によって必要な速度は異なりますが、約3.5Mbps以上の回線速度があれば問題ないです。

この回線速度は、特別速い速度ではないので、光回線なら余裕で再生できる速度です。また、お使いのスマホ・タブレットのモバイル回線やポケットWi-Fiでも十分に動画を再生できる速度です。

7.dTVのサービス内容や特徴

月額料金(税抜) 500円
総配信数 120,000本以上
サービスの
種類
見放題+PPV
視聴可能
デバイス
■ パソコン
■ スマホ・タブレット
■ Amazon Fire TV・Fire TV Stick
■ Chromecast
■ Apple TV
■ dTVターミナル
■ テレビ・Blu-rayプレーヤー
画質 SD~HD(一部4K作品あり)
支払方法 ■ クレジットカード
■ デビットカード
■ ドコモケータイ払い
無料期間 31日間

※ 無料期間内に解約すれば料金は請求されません。

dTVのサービスの特徴やポイント

 月額料金は業界最安級
 総配信数が多い
 オリジナル作品が魅力的
 アニメの見逃し配信が充実
 音楽コンテンツが充実
 動画のダウンロードができる!オフライン視聴可能
 FOXチャンネルリアルタイム配信が視聴可能

dTVは、携帯電話会社でお馴染みのドコモが提供している動画配信サービスで、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、バラエティ、音楽など様々なジャンルを120,000本以上配信しています。ドコモユーザー限定のサービスと言うイメージがあるかもしえませんが、ドコモユーザー以外でも利用できます。

dTVのラインナップの特徴として、総配信数の多さはもちろんですが、オリジナル作品が魅力的な面があり、2017年秋に放送されたドラマ「パパ活」も、元々はdTVとFODの共同制作によるオリジナルドラマです。また、アニメの見逃し配信にも力を入れていて、アニメを観たい方にとっても心強いサービスです。さらに、dTVは、ドコモが提供しているサービスではありますが、運営はエイベックス・デジタルがしているので、ミュージックビデオ・ライブ映像・カラオケなどの音楽コンテンツが充実しています。その他にも、ウォーキング・デッドなどの海外ドラマを放送しているFOXチャンネルも観ることができるので、海外ドラマ好きにもおすすめです。

今なら31日間の無料期間があり、無料期間内に解約すれば料金を請求されることはないので、新規のユーザーが利用しやすくなっています。登録の際に決済方法を選択しますが、これは、無料期間を過ぎると自動的に有料会員に移行するためのものなので、継続しない場合は、解約を忘れないようにしてください。

サービス評価表
月額料金 ★★★★★ 5/5点満点中
作品の充実度 ★★★★★ 5/5点満点中
画質 ★★★★☆ 4/5点満点中
視聴可能デバイス ★★★★☆ 4/5点満点中
その他の要素 ★★★★★ 5/5点満点中
総合評価 4.6/5点満点中

 dTVの詳細を知りたい
 dTV公式サイトで無料登録

8.まとめ

今回は、dTVの画質や設定・変更方法を中心に解説しました。dTVは数多くある動画配信サービスの中でも月額料金も安く優れたサービスの1つです。気になる方は、無料期間を利用して自分にあったサービスかどうか試してみてはどうでしょうか。

 dTVへ

▽ 当サイトのおすすめ特集一覧

 class=
 class=
 class= class=