コンフィデンスマンJP|第6話の無料動画の見逃し配信情報【5月14日放送分】

出典:フジテレビ

2018年春ドラマ「コンフィデンスマンJP」の第6話(5月14日放送分)を配信している動画配信サービスと無料で観る方法を解説します。

1.コンフィデンスマンJP第6話を配信しているサービス

「コンフィデンスマンJP」第6話を配信している動画配信サービスを一覧にまとめています。

※ 〇=配信 △=1週間限定配信 ×=未配信 -=未確認

サービス 月額料金(税抜) 配信状況
無料期間
無料で観るポイント
FOD 888円
1ヶ月間
「コンフィデンスマンJP」は、全て見放題配信中なので、無料期間内に観て解約すれば完全無料で観ることができる。

※ FODの無料期間を利用するには、FOD公式サイトにアクセス後、「Amazonアカウント」でログインして、決済方法をAmazon Payにする必要があります。
※ Amazon Payとは、Amazonに登録しているクレジットカードで決済する方法で、Amazonの通信販売でクレジットカード決済したことがあれば既に登録してあるので、誰でもすぐに利用できます。

TSUTAYA
TV
933円  〇
30日間
1話あたり300円(税抜)かかるが、登録時に1080ポイント(1pt=1円)もらえるので、それを利用して無料でみることができる。また、無料期間内に解約すれば月額料金もかからないので、完全無料で利用できる。
TVer 無料
放送終了から5月21日(月)19:59まで無料配信されている。

「コンフィデンスマンJP」の第6話は、上の表のとおり配信されています。

 FODで観る TSUTAYAで観る TVerで観る

2.見逃し配信中のサービスの内容・特徴

「コンフィデンスマンJP」を見逃し配信中の動画配信サービスの内容や特徴を詳しくまとめています。サービス選びの参考にされてください。

2-1 放送終了から1週間以内ならTVer

月額料金(税抜) 無料
視聴可能デバイス パソコン、スマホ・タブレット
★コンフィデンスマンJP第6話を観る場合のポイント★
 2018年5月14日(月)放送終了後~5月21日(月)19:59まで無料配信される
 最新話のみの配信なので1週間経過すると観れなくなる

TVerでは、「コンフィデンスマンJP」第6話を放送終了から1週間以内なら無料で観ることができます

TVerは、株式会社プレゼントキャストが運営していて、民放テレビ局が連携した公式テレビポータルサイトです。各局のドラマ、バラエティ、報道、アニメなど様々なジャンルの番組が、放送終了から1週間限定で無料配信されていて、配信動画は会員登録なしで全て無料なので、自由に観ることができます。

ただし、逆に言えば放送終了から1週間を過ぎると動画を観ることができないので、注意が必要です。また、無料なので贅沢は言えませんが、再生中にCMが放送され意外と長いです。YouTubeのようにスキップ機能もないので、CMなしで観たい方は、少しストレスを感じるかもしれません。とはいえ、放送終了から1週間以内の場合は、TVerで観るのがおすすめです。

TVerのサービスの特徴やポイント

 会員登録が必要ない
 配信動画は全て無料
 放送終了から1週間しか配信されない
 再生中にCMが放送される
 CMは意外と長くスキップできない

 TVer公式サイトで観る

2-2 おすすめはFOD!全話見放題

月額料金(税抜) 888円
総配信数 22,000本以上+α
サービスの種類 見放題作品+PPV(個別レンタル)
視聴可能デバイス パソコン、スマホ・タブレット、Apple TV
画質 SD~フルHD
支払い方法 クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い
無料期間 1ヶ月間
★コンフィデンスマンJP第6話を観る場合のポイント★
 期間限定配信ではないので、放送終了から1週間以上経過しても観ることができる
 無料期間内なら第6話だけでなく全部無料で観ることができる
 無料期間内に解約すれば料金は請求されないので完全無料で利用できる

FODなら、「コンフィデンスマンJP」を1~最終回まで全て配信予定で、TVerのように1週間限定配信ではないので、いつでも全てのエピソードを何度でも観ることができます

FODは、有名なテレビ局フジテレビが運営している動画配信サービスで、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティなど幅広いジャンルが配信されています。また、他のサービスにはない独占作品が5,000本以上配信されています。

FODの特徴としては、フジテレビが運営しているので、フジテレビ番組の動画が充実していることが挙げられ、放送中のドラマもほとんどが1話から最新話まで見逃し配信されます。正直なところ、他のサービスではほとんどフジテレビの作品は観ることができません。また、毎月100ポイント(1pt=1円)と8の付く日に400ポイントもらえるので、合計1,300ポイントもらえます。このポイントは、新作の映画(1本あたり500円程度)などのPPV(個別レンタル)を観る場合に使えるだけでなく、17万冊以上の漫画や小説を読むときにも使えます。もちろん、今回紹介している「コンフィデンスマンJP」は、ポイントを使う必要がない見放題の動画です。さらに、100誌以上の雑誌も読み放題になり、こちらもポイントを使う必要はなく、月額料金だけで読み放題です。

今なら1ヶ月間の無料期間が用意されていて、無料期間内に解約すれば料金を請求されることはないので、新規のユーザーが利用しやすくなっています。ただし、FODの1ヶ月の無料期間を利用するには、支払い方法をAmazon Payにする必要があります。FOD公式サイトにアクセスし、「Amazonアカウント」でログイン後、決済方法をAmazon Payにしてください。支払い方法を選択するのは、無料期間を過ぎたら自動的に有料会員に移行するためのものなので、継続しない場合は、解約を忘れないようにしてください。

※ Amazon payとは、Amazonに登録しているクレジットカードで決済する方法で、Amazonの通信販売でクレジットカード決済したことがあれば既に登録してあるので、誰でもすぐに利用できます。

FODのサービスの特徴やポイント

 独占作品5,000本以上配信
 雑誌100誌以上が読み放題
 毎月1,300ポイントもらえる
 17万冊以上の漫画・小説がポイントで読める

 FOD公式サイトで無料登録して観る

2-3 3話分無料!TSUTAYA TV

月額料金(税抜) 933円
総配信数 16,000本以上
サービスの種類 見放題+PPV(個別レンタル)
視聴可能デバイス パソコン、スマホ・タブレット、テレビ
画質 SD~HD
支払い方法 クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い
無料期間 30日間
★コンフィデンスマンJP第6話を観る場合のポイント★
 期間限定配信ではないので、1週間以上経過しても観ることができる
 1話あたり300円(税抜)かかるが、登録時に1,080ポイント(1pt=1円)もらえるので、それを利用して無料で観ることができる
 無料期間内に解約すれば月額料金も請求されないので完全無料で利用できる

TSUTAYA TVなら、登録時に1,080ポイントもらえるので、「コンフィデンスマンJP」第6話だけでなく、3話分は無料で観ることができます

TSUTAYA TVは、レンタルショップでお馴染みの株式会社TSUTAYAが運営している動画配信サービスで、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティ、アダルトなどのジャンルを配信しています。また、株式会社TSUTAYAが提供しているサービスには、下の表のとおり3種類があります。

サービス 月額料金
(税抜)
内 容
①TSUTAYA TV 933円 配信されている動画を観ることができる
②TSUTAYA DISCAS 1,865円 宅配レンタルCD・DVDが借り放題(新作は8枚まで)
③TSUTAYA TV

TSUTAYA DISCAS
2,417円 ①と②がセットになったプラン

上の表のとおり、TSUTAYA TVの特徴としては、他の動画配信サービスでは実現困難な動画配信サービスと宅配レンタルCD・DVDをセットで利用できるところです。動画配信サービスだけでは、他のサービスよりも劣っている面もありますが、それをカバーしているのが、32万作品以上のラインナップを誇る宅配レンタルCD・DVDのサービスです。このように、両方のサービスをセットで利用したい方におすすめのサービスです。

今なら、30日間の無料期間が用意されていて、無料期間内に解約すれば料金を請求されることはないので、新規のユーザーが利用しやすくなっています。また、TSUTAYA TVの無料期間は、上の表でいうと③の動画を見放題のサービスと宅配レンタルCD・DVDが借り放題のセットを体験できます。ただし、無料期間内は、宅配レンタルCD・DVDの対象が旧作のみです。登録の際に決済方法を選択しますが、これは、無料期間内を過ぎたら自動的に有料会員に移行するためのものなので、継続しない場合は解約、サービスを変更したい場合はコース変更を忘れないようにしてください。

TSUTAYA TVのサービスの特徴やポイント

 登録時に1,080ポイントもらえる
 宅配レンタルのサービスもある
 アダルト動画も配信

 TSUTAYA TV公式サイトで無料登録して観る

3.コンフィデンスマンJP第6話のあらすじ

2018年5月14日(月)21:00から放送の「コンフィデンスマンJP」の第6話のあらすじを紹介しています。

自転車で一人旅をしていたボクちゃん(東出昌大)は、山間にある十色村を訪れる。そこでボクちゃんは、川辺守夫(野添義弘)・美代(長野里美)夫妻が切り盛りするラーメン店の素朴な味に魅了される。夫妻は、この村に特産品を使った商品などを販売する「ふるさとふれあいモール」が出来ることを喜んでいた。

ところがその2年後、再び村を訪れたボクちゃんは、ふれあいモールの建設計画がいつの間にか産業廃棄物処理場の建設計画に変わっていることを知る。このプロジェクトを手がけていたのは、地方再生や町おこしを得意とするアメリカ帰りのコンサルタント・斑井満(内村光良)だった。斑井は、町おこしのプロジェクトを持ちかけてタダ同然の金額で土地を買い付けると、プロジェクトを頓挫させて、知り合いの産廃処理会社に土地を転売していた。

ボクちゃんは、ダー子(長澤まさみ)とリチャード(小日向文世)に、産廃処理場の建設工事を止める手助けを頼んだ。ダー子は、産廃処理場の方が役に立つ、といって金にもならない話には乗らなかったが、工事を止めるだけならその土地から土器や土偶といった、遺跡があった証拠が出てくればいい、と助言する。

リチャード自慢のコレクションから縄文土器を借りたボクちゃんは、建設現場のアルバイトに扮して潜入し、現場で土器を見つけたと報告する。すると斑井は、いきなりその土器を地面に叩きつけて粉々に壊してしまう。

ボクちゃんを手伝うことにしたダー子は、五十嵐(小手伸也)に斑井の情報収集を依頼。彼の父親・万吉が、家族を顧みずに遺跡発掘に明け暮れ、奇説を唱えては変人扱いされていたアマチュアの考古学研究者だったことを知り……。

引用元:フジテレビ

4.コンフィデンスマンJPの次回(第7話)予告

2018年5月21日(月)21:00から放送の「コンフィデンスマンJP」第7話の予告を紹介しています。

ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)は、リチャード(小日向文世)の知り合いだった矢島理花(佐津川愛美)という女性の話を聞く。1年前、バーでリチャードの財布をすろうとして失敗した理花は、天涯孤独の身で、夜の仕事を転々としているうちにスリまでするようになったらしい。時々理花と会うようになったリチャードはまともな生き方をするよう何度も説得していた。だが、彼女は耳を貸さず、結局しくじって刑務所に服役することになったという。

出所するまで理花の家財道具を預かることにしたリチャードは、それをダー子の部屋へと運んだ。そこでダー子が見つけたのは、理花の母親の遺品から出てきた手紙だった。送り主の与論要造(竜雷太)は、10億円の資産を子どもの誰かに譲ると手紙に記していた。五十嵐(小手伸也)の調査によれば、要造は鎌倉に住む資産家で現在闘病中。だがその正体は、違法すれすれの株式操作で荒稼ぎしていた経済ヤクザだった。理花は、要造が愛人に産ませた子どもだったため、母親や兄姉からひどい苛めを受けていたらしい。そんな生活に耐えられなくなった理花は10歳のときに要造のもとを離れて実母のところに戻ったものの、愛人稼業の母親とも折り合いが悪くなり17歳で家を飛び出してしまっていた。

刑務所を訪れて理花と面会したダー子は、彼女が要造の家を出て以来18年もの間、一度も連絡も取っていなかったことを知ると、理花に成りすまして要造のもとを訪ねる。理花の兄姉――祐弥(岡田義徳)と弥栄(桜井ユキ)は、突然現れたダー子に疑いの目を向けていた。

そんななか、ボクちゃんは、ダー子が要造に話した作り話のせいで、理花を振った造り酒屋の息子役を演じる羽目になり……。

引用元:フジテレビ

5.2018年春ドラマ見逃し配信情報

2018年春ドラマの無料動画見逃し配信情報をまとめています。気になるドラマがある場合は、リンクから詳細ページに移動してチェックしてみてください。

曜日 ドラマ名
コンフィデンスマンJP
ヘッドハンター
シグナル 長期未解決事件捜査班
花のち晴れ~花男 Next Season~
正義のセ
未解決の女 警視庁文書捜査官
モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-
ラブリアンの詳細へ
あなたには帰る家がある
家政夫のミタゾノ
Missデビル 人事の悪魔・椿眞子
おっさんずラブ
ブラックペアン
崖っぷちホテル

6.まとめ

今回は、「コンフィデンスマンJP」第6話を無料で観る方法を解説しました。どのサービスにも無料期間があり、映画、ドラマ、アニメ、バラエティなど色々な動画が見放題で配信されています。「コンフィデンスマンJP」を観てすぐに退会したらもったいないので、無料期間内は他の動画も観て楽しんでください。

 FODへ TSUTAYA TVへ TVerへ
※ 当記事の情報については、記事の作成や更新時のものです。「コンフィデンスマンJP」などの作品を視聴する場合は、各サービスにアクセスして配信状況をご確認ください。