auビデオパスとは?料金・無料期間・特典などサービス内容を徹底解説

auビデオパスは、携帯電話でお馴染みのKDDI株式会社が運営している動画配信サービスで、映画、ドラマ、アニメなどを配信しています。ちなみに、auビデオパスはau回線契約者限定のサービスなので、auをお使いでない人は、下の記事の動画配信サービスをおすすめします。

[blogcard url=”https://indoor-life-kengo.com/archives/4281404.html”]

今回は、auビデオパスの月額料金、無料期間、特典などのサービス内容を他の動画配信サービスとの比較を交えながら徹底解説します。

公式サイト:auビデオパス

1.auビデオパスとは?サービス内容や特徴まとめ

まずは、auビデオパスのサービス内容や特徴を一覧にまとめています。次の章から各項目ごとに詳しく説明します。

月額料金(税抜)562円
総配信作品数10,000本以上+α
作品の種類見放題作品+PPV作品(個別レンタル)
視聴可能デバイス■ パソコン
■ スマホ・タブレット
■ Apple TV
■ Chromecast
■ テレビ
画質SD~HD
支払い方法■ auかんたん決済
特典■ 毎月540コイン付与
■ 映画館の鑑賞料金割引
無料期間30日間
★auビデオパスの特徴★

■ 月額料金は業界最安級
■ 毎月540コイン付与される
■ 映画館の鑑賞料金が割引される
■ 動画のダウンロードが可能!オフライン視聴対応

auビデオパス公式サイトへ

2.月額料金は562円(税抜)

auビデオパス月額料金は562円(税抜)です。下の他サービスとの比較表のとおり、auビデオパスの月額料金は平均よりも安くなっています。

順位サービス名月額料金
(税抜)
1位Amazonプライムビデオ300円
2位DMM見放題chライト500円
2位dTV500円
4位auビデオパス562円
5位FODプレミアム888円
6位Hulu933円
6位TSUTAYA TV933円
8位Netflix950円
9位ビデオマーケット980円
10位U-NEXT1,990円

※ Amazonプライムビデオの月額料金は、年額プラン3,900円の場合で、月額プランでは400円になります。
※ Netflixでは、3つのプランがあり、表中の月額料金はスタンダードプランのものです。

3.配信作品は10,000本以上+α

auビデオパスの配信ジャンルは、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティなどがあり、10,000本以上が見放題です。下の他の動画配信サービスとの比較表のとおり、配信作品数は正直少ないです。

動画配信サービスには、①月額料金だけで全て見放題のサービスと、②月額料金だけで見放題の動画+PPV(個別に料金を支払うことで観ることができる動画)を配信しているサービスの2種類に分かれますが、auビデオパスは後者です。auビデオパスでは、月額料金だけで10,000本以上が見放題で、毎月もらえる540コインを利用すればPPV動画(新作の映画など)を観ることができます。このコインについては、後で詳しく説明します。

また、自分の観たい作品を確認したい場合や、どんな作品があるか詳しくご覧になりたい方は、公式サイトでご確認ください。

公式サイト:auビデオパス

サービス名総配信数作品の種類
auビデオパス10,000以上+α見放題+PPV(個別レンタル)
ビデオマーケット190,000以上見放題+PPV(個別レンタル)
U-NEXT120,000以上見放題+PPV(個別レンタル)
FOD22,000以上+α見放題+PPV(個別レンタル)
DMM見放題chライト7,000以上見放題のみ
dTV120,000以上見放題+PPV(個別レンタル)
Hulu40,000以上見放題のみ
Netflix数千本見放題のみ

4.視聴可能デバイス

auビデオパスの動画を視聴できるデバイスは、主に以下の5つがあります。また、残念ながらPS4などのゲーム機には対応してません。

■ パソコン
■ スマホ・タブレット
■ Apple TV
■ Chromecast
■ テレビ

4-1 パソコンでの視聴


パソコンで視聴する場合の推奨OSは、Windowsの場合7以降、Macの場合OS X Ver 10.5.7以降が対応しています。アプリのダウンロードなどはする必要がないので、すぐに動画を楽しむことができます。

4-2 スマホ・タブレットでの視聴


スマホ、タブレットでの視聴の場合は、専用のアプリをダウンロードする必要があります。Android端末の場合はGooglePlayかau Marketで、ios端末の場合は、App Storeで「auビデオパス」と検索し、アプリをダウンロードしてください。

4-3 Chromecastでの視聴


Chromecastでの視聴の場合は、スマホ、タブレットにインストールした専用アプリからChromecastに映像をキャストすれば、テレビの大画面で動画を視聴することができます。

Chromecastは、Wi-Fi環境下でテレビのHDMI端子に接続することで、動画を再生できるストリーミングデバイスで、簡単に言うとスマホやタブレットの映像をテレビの画面に映し出す機械です。Amazon Fire TV・Fire TV Stickとは違い、リモコンはついていないので、全てスマホやタブレットで操作します。Chromecastには、Chromecast Ultra(9,000円程度)とChromecast(5000円程度)の2種類があり、この価格差は、主に最高画質などのスペックの差です。とはいえ、ChromecastもHD画質に対応しているので、十分な機能です。

4-4 AppleTVでの視聴


AppleTVでの視聴の場合は、動画を専用アプリからテレビへ映し出すことができます。

AppleTVは、アップルが開発・販売しているので、iPhone・iPadと一緒に使うことが前提になっています。値段もChromecastよりも高いので、アップルの製品が余程好きでない限り、Chromecastのほうがおすすめです。

4-5 テレビでの視聴

auビデオパスに対応しているテレビには、パナソニック(ビエラ)、ソニー(ブラビア)があります。どちらもWi-Fi環境下で専用のアプリをダウンロードすることで、動画を再生できるようになります。ご自身がお使いのテレビが対応しているか確認したい場合は、こちらでご確認ください。

対応テレビの確認はこちら

4-6 その他

PS4で動画配信サービスを視聴したい人もいると思うので、視聴可能な動画配信サービスをまとめています。気になる方はこちらの記事をご覧ください。

[blogcard url=”https://indoor-life-kengo.com/archives/ps4-douga.html”]

5.画質はSD画質からHD画質に対応


auビデオパスの画質は、SD画質からHD画質に対応しています。HD画質で観ることができるので、比較的綺麗な画質で動画を楽しむことができますが、フルHDや4K画質に対応している動画配信サービスもあるので、少し物足りなさを感じることもあるかもしれません。

6.お得な特典が2つ

auビデオパスでは、お得な2つの特典があります。

6-1 毎月540コインがもらえる


auビデオパスでは、毎月540コインもらえるので、PPV(個別レンタル)で観ることができる新作の映画などを毎月1本程度無料で観ることができます。もちろん全ての新作の映画が540コイン以下の値段ではないので、観れない作品もあります。また、コインの有効期限は、基本的に60日間となっているので、2か月以上は貯めないようにしてください。

6-2 映画館の鑑賞料金が割引される


■ auマンデイ:全国のTOHOシネマズで、毎週月曜日に映画の鑑賞料金が1,100円になり、ポップコーンセットも半額になります。

■ auシネマ割:全国のユナイテッドシネマで、いつでも1,400円になり、ポップコーンも100円引きになります。

映画の鑑賞料金は、皆さんもご存知のとおり通常1,800円程度なので、TOHOシネマズで映画を月に1本以上観ている人は、それだけでauビデオパスの月額料金562円(税抜)の元が取れる計算になるので、非常にお得ですね。ユナイテッドシネマズで映画を観ている人も、月に2本以上観ていればそれだけで、元が取れてしまいます。映画の割引目当てにauビデオパスを契約するのもありですね。

7.便利な機能!ダウンロードに対応


auビデオパスでは、動画をダウンロードすることができます。自宅のWi-Fiでダウンロードしておいて外出先で観ることができるので便利な機能です。ただし、ダウンロードは、スマホやタブレットで専用アプリを使用して視聴する場合に限られていて、パソコンではダウンロードできません。とはいえ、外出時に動画を観るのはスマホかタブレットかと思うので、問題ないですね。ダウンロードに対応していない動画配信サービスも多いので、非常に便利な機能です。

8.支払い方法


auビデオパスは、au回線の契約者限定のサービスなので、支払い方法はauかんたん決済にしか対応していません。ドコモやソフトバンクのユーザーは登録を諦めて他のサービスを利用するしかないですね。

9.お得な30日間の無料期間


auビデオパスには、30日間の無料期間が用意されていて、先ほど説明した540コインももらえるので、非常にお得なキャンペーンとなっています。

また、無料期間内に解約すれば540コインを使っていたとしても料金は発生しないので、安心してサービスを利用することができます。ただし、無料期間を過ぎたら自動的に有料会員に移行されるので、継続しない場合は解約を忘れないように注意してください。

10.auビデオパスの評価・評判

総合評価★★★☆☆3/5点満点中
作品の充実度★★☆☆☆2/5点満点中
コストパフォーマンス★★★★☆4/5点満点中
その他のサービス内容★★★☆☆3/5点満点中

作品の充実度は、総配信数10,000本以上+αと、他のサービスと比較すると少ないので、2点評価としています。また、コストパフォーマンスは、他のサービスと比較しても安いので、4点をつけています。その他サービス内容では、映画の鑑賞料金が割引になるのは非常にお得で、ダウンロードにも対応してますが、au回線の契約者限定のサービスという点は、マイナス評価にせざるを得ないので、3点評価とし、総合評価は3点です。正直な話、au限定のサービスにせずに対象者を増やすべきだと思います。

11.まとめ

今回は、auビデオパスの月額料金、配信作品、無料期間、コインなどサービス内容について解説しました。色々と解説しましたが、ユーザーによって好みは分かれると思うので、30日間の無料期間を利用して、自分にあったサービスか試してみるのが一番かと思います。