ダウンロードしてオフラインで視聴できるおススメの動画配信サービスまとめ!

動画配信サービスは、パソコンやスマホ・タブレットなどで、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティ、スポーツなど様々な動画を観ることができるサービスで、自分の好きな時間に、好きな場所で楽しむことができるので、利用されている方も多いのではないでしょうか。

また、動画を観る時に一番気になるのはデータ通信量です。自宅の場合は、Wi-Fiに接続していればデータ通信量を気にすることなく動画を楽しむことができますが、外出先などでは通信制限が気になって動画を観にくいですよね。

しかし、ダウンロードに対応している動画配信サービスならWi-Fi環境(自宅など)であらかじめ動画をダウンロードしておけば、外出先でもデータ通信量を気にすることなく動画を楽しむことできます。

そこで、今回は数多くある動画配信サービスの中で動画をダウンロードしてオフライン視聴できるおススメのサービスを紹介します

1.ダウンロードできる動画配信サービス一覧

サービス名 月額料金
(税抜)
無料期間 ダウンロード機能
Hulu 933円 2週間
U-NEXT 1,990円 31日間
dTV 500円 31日間
auビデオパス 562円 30日間
Amazonプライムビデオ 300円
370円
30日間
Netflix 650円
950円
1,450円
30日間
dアニメストア 400円 31日間
アニメ放題 400円 1ヶ月間
TSUTAYA TV 933円 30日間 〇※

※ TSUTAYA TVでは見放題配信の動画をダウンロードすることはできません。

ダウンロードしてオフライン視聴することができるサービスは一覧表のとおりです。

表を見れば分かるとおり、最近では、知名度のある動画配信サービスのほとんどがダウンロードに対応しているので、あらかじめダウンロードしておいて外出先でもデータ通信量を気にせずに動画を楽しむことができます。

ただし、TSUTAYA TVは、見放題の動画をダウンロードできないので、注意が必要です。

 Huluへ U-NEXTへ dTVへ auビデオパスへ プライムビデオへ Netflixへ dアニメストアへ アニメ放題へ TSUTAYAへ

2.各サービスのダウンロード機能のポイントと内容や特徴

先ほど紹介したダウンロードして動画をオフライン視聴できるサービスの内容を詳しく解説します。

2-1 Huluのサービス内容

月額料金(税抜) 933円
総配信数 60,000本以上
視聴可能デバイス パソコン、スマホ・タブレット、Amazon Fire TV・Fire TV Stick、Chomecast、Apple TV、ゲーム機、テレビ・Blu-rayプレーヤー
画質 SD~フルHD
支払い方法 クレジットカード、デビットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い、PayPal、iTunes Store決済、Huluチケット
無料期間 2週間

【ダウンロード機能のポイント】

  • ダウンロードできる動画の上限は25個まで
  • 画質は最高画質、高画質、標準画質の3種類から選べる

Huluは、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、バラエティ、アニメ、スポーツ、音楽など様々なジャンルを楽しめる動画配信サービスで、配信されている動画は全て見放題2018年7月から遂にダウンロード再生可能となりました

Huluの特徴としては、海外ドラマのラインナップが充実している点が挙げられ、HuluプレミアやFOXチャンネルでいち早く観ることができるので、海外ドラマが好きな方が動画配信サービスを利用するならHuluがおすすめです。

また、日本テレビと提携しているので、日本テレビ系列の番組が他の動画配信サービスとは比べ物にならないほど充実しています。

機能面でも、画質が綺麗で視聴可能デバイスも多く、全ての面でバランスが取れているので、他のサービスと比較しても高評価できる王道の動画配信サービスです。

今なら2週間の無料期間があり、無料期間内に解約すれば料金を請求されることはないので、新規のユーザーが利用しやすくなっています。もちろん、無料期間内でも有料会員と同じように全ての動画が見放題です。登録の際に決済方法を選択しますが、これは、無料期間を過ぎると自動的に有料会員に移行するためのものなので、継続しない場合は、解約を忘れないようにしてください。

 Hulu公式サイトで無料登録はこちら

2-2 U-NEXTのサービス内容

月額料金(税抜) 1,990円
総配信数 120,000本以上
視聴可能デバイス パソコン、スマホ・タブレット、Amazon Fire TV・Fire TV Stick、Chromecast、U-NEXT TV、ゲーム機、テレビ・Blu-rayプレーヤー
画質 SD~フルHD(一部4K作品あり)
支払い方法 クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い、Amazon.co.jp、U-NEXTカード
無料期間 31日間

【ダウンロード機能のポイント】

  • ダウンロードできる動画の上限はない
  • 画質は高画質、標準の2種類から選べる

U-NEXTは、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの動画を配信しているサービスです。

U-NEXTの特徴として、総配信数が120,000本以上と多いのはもちろんですが、新作映画の配信に力を入れていて、デジタル先行配信でBlu-ray・DVDの発売・レンタル開始よりも早く配信されることがあります。

また、登録時に600ポイント(1pt=1円)、毎月1,200ポイントもらえるので、それを利用して新作映画を観たり(最新作の映画1本あたり500円程度)、32万冊以上配信されている漫画や書籍を読むことができます。

さらに、70誌以上の雑誌が追加料金一切なしで読み放題なので、購読している雑誌が配信されていれば毎月の出費を抑えることができます。

機能面でも、画質が綺麗、最大4台まで同時視聴が可能なので、他のサービスと比較しても非常に優れています。月額1,990円で、毎月1,200ポイントもらえるので、ポイントは新作映画の視聴や漫画を読むことに使っていると考えれば、実質790円で動画が見放題+70誌以上の雑誌が読み放題です。

初めて利用する場合は、31日間の無料期間があり、無料期間内に解約すれば料金を請求されることはないので、新規のユーザーが利用しやすくなっています。登録の際に決済方法を選択しますが、これは、無料期間を過ぎると自動的に有料会員に移行するためのものなので、継続しない場合は、解約を忘れないようにしてください。

 U-NEXT公式サイトで無料登録はこちら

2-3 dTVのサービス内容

月額料金(税抜) 500円
総配信数 120,000本以上
視聴可能デバイス パソコン、スマホ・タブレット、Amazon Fire TV・Fire TV Stick、Chromecast、Apple TV、dTVターミナル、テレビ・Blu-rayプレーヤー
画質 SD~HD(一部4K作品あり)
支払方法 クレジットカード、デビットカード、ドコモケータイ払い
無料期間 31日間

【ダウンロード機能のポイント】

  • ダウンロードできる動画の上限はない
  • 画質はHD、すごくきれい、きれい、普通の4種類から選べる

dTVは、携帯電話会社でお馴染みのドコモが提供している動画配信サービスで、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、バラエティ、音楽など様々なジャンルを120,000本以上配信しています。ドコモユーザー限定のサービスというイメージもありますが、ドコモユーザー以外でも利用できます

dTVのラインナップの特徴として、月額料金の安さや総配信数の多さはもちろんですが、オリジナル番組が魅力的な面があり、そのクオリティもかなり高いので、オリジナル番組目当てでdTVを利用する人も数多くいます、さらに、dTVは、ドコモが提供しているサービスではありますが、運営はエイベックス・デジタルがしているので、ミュージックビデオ・ライブ映像・カラオケなどの音楽コンテンツが充実しています。

今なら31日間の無料期間があり、無料期間内に解約すれば料金を請求されることはないので、新規のユーザーが利用しやすくなっています。登録の際に決済方法を選択しますが、これは、無料期間を過ぎると自動的に有料会員に移行するためのものなので、継続しない場合は、解約を忘れないようにしてください。

 dTV公式サイトで無料登録はこちら

2-4 auビデオパスのサービス内容

月額料金(税抜) 562円
総配信数 10,000本以上+α
視聴可能デバイス パソコン、スマホ・タブレット、Apple TV、Chromecast、テレビ
画質 SD~HD
支払い方法 クレジットカード、auかんたん決済
無料期間 30日間

【ダウンロード機能のポイント】

  • ダウンロードできる動画の上限は5個までとやや少なめ
  • 画質は高画質、標準、低画質の3種類から選べる

auビデオパスは、携帯電話会社でお馴染みのKDDI株式会社が運営している動画配信サービスで、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティなどを配信しています。元々は、auユーザー限定のサービスでしたが、2018年8月2日から全キャリアに対応となったので、ドコモやソフトバンクなどau以外をお使いの方でも利用できます

auビデオパスの特徴としては、月額562円(税抜)と業界最安級で利用できる点や毎月もらえる540コインを利用して新作映画などを観ることができる点が挙げられます。

また、auビデオパスの契約者は、映画館での鑑賞料金が割引されます。TOHOシネマズで月曜日に映画を観れば700円割引され、それだけで月額料金562円(税抜)の元が取れるので、利用者にとってかなりお得な特典です。

今なら30日間の無料期間があり、無料期間内に解約すれば料金を請求されることはないので、新規のユーザーが利用しやすくなっています。登録の際に決済方法を選択しますが、これは、無料期間を過ぎると自動的に有料会員に移行するためのものなので、継続しない場合は、解約を忘れないようにしてください。

 auビデオパス公式サイトで無料登録はこちら

2-5 Amazonプライムビデオのサービス内容

月額料金(税抜) 月額プラン 370円/年額プラン 300円
総配信数 34,000本以上+α
視聴可能デバイス パソコン、Amazon Fire TV・Fire TV Stick、Fireタブレット、iOSデバイス、Androidデバイス、ゲーム機、テレビ・Blu-rayプレーヤー
画質 SD~フルHD(※4Kもあり)
支払方法 クレジットカード、デビットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済
無料期間 30日間

【ダウンロード機能のポイント】

  • ダウンロードできる動画の上限は25個まで
  • 画質は最高画質、高画質、標準画質、データセイバーの4種類から選べる

Amazonプライムビデオは、通信販売でお馴染みのAmazonが運営しており、Amazonプライム会員特典の一つとして提供されています。配信ジャンルには、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティなど様々なものがあります。Amazonプライムビデオには、月額プランと年額プランがあり、年額プランのほうが安くなるので、お得なプランになっています。

Amazonプライムビデオの配信作品の特徴としてオリジナル作品の配信に力を入れている点があり、ダウンタウンの松本人志さんが出演している「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」もその1つです。また、Amazonプライムビデオの最大の特徴として、様々な特典が受けられることが挙げられます。特典には、「①Amazonでの通信販売で配送料・お急ぎ便料が無料」、「②Prime Musicで100万曲以上聴き放題」、「③Prime Readingで電子書籍が読み放題」などを含む12個があります。月額料金も安いうえに様々な特典を受けることができるので、非常にコストパフォーマンスの良い動画配信サービスです。

今なら30日間の無料期間があり、無料期間内に解約すれば料金を請求されることはないので、新規のユーザーが利用しやすくなっています。登録の際に決済方法を選択しますが、これは、無料期間を過ぎると自動的に有料会員に移行するためのものなので、継続しない場合は、解約を忘れないようにしてください。

 Amazonプライムビデオ公式サイトで無料登録はこちら

2-6 Netflixのサービス内容

月額料金(税抜) ・ベーシック 650円
・スタンダード 950円
・プレミアム 1,450円
総配信数 非公開
視聴可能デバイス パソコン、スマホ・タブレット、Amazon Fire TV・Fire TV Stick、Chromecast、ゲーム機、テレビ・Blu-rayプレーヤー
画質 ・ベーシック SD画質
・スタンダード SD~HD画質
・プレミアム SD~UHD 4K
支払い方法 クレジットカード、デビットカード、ソフトバンクまとめて支払い、プリペイドカード、PayPal、Netflixギフトカード
無料期間 30日間

【ダウンロード機能のポイント】

  • ダウンロードできる動画の上限は100個まで
  • 画質は高画質、スタンダードの2種類から選べる

Netflixは、Netflix株式会社が運営しており、世界190か国以上で視聴可能な世界最大級の動画配信サービスです。配信ジャンルには、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティなど様々なものがあります。

Netflixの特徴としては、オリジナル作品が充実している点です。世界最大級の動画配信サービスで資金力もあるため、自社制作のドラマや映画を数多く配信していて、そのクオリティは非常に高いです。ただし、オリジナル以外の作品は他のサービスと比較しても決して多いとは言えません。また、機能面では、スタンダードプランで2台、プレミアムプランでは4台まで同時視聴ができ、動画のダウンロードもできます

今なら30日間の無料期間があり、無料期間内に解約すれば料金を請求されることはないので、新規のユーザーが利用しやすくなっています。登録の際に決済方法を選択しますが、これは、無料期間を過ぎると自動的に有料会員に移行するためのものなので、継続しない場合は、解約を忘れないようにしてください。

 Netflix公式サイトで無料登録はこちら

2-7 dアニメストアのサービス内容

月額料金(税抜) 400円
総配信数 2,800作品以上のアニメを見放題配信
視聴可能デバイス パソコン、スマホ・タブレット、dTVターミナル、Chromecast、Apple TV、Amazon Fire TV・Fire TV Stick、テレビ
画質 SD~HD
支払い方法 クレジットカード、ドコモケータイ払い
無料期間 31日間

【ダウンロード機能のポイント】

  • ダウンロードできる動画の上限はない
  • 画質はHD、すごくきれい、きれい、ふつうの4種類から選べる

dアニメストアは、携帯電話会社でお馴染みのドコモが提供しているアニメの配信に特化した動画配信サービスで、アニメを2,800作品以上配信しているので、アニメの配信数は他のサービスよりも優れています。ドコモユーザー限定のサービスと言うイメージがあるかもしえませんが、ドコモユーザー以外でも利用できます

配信されているアニメは、旧作(ドラゴンボール、幽遊白書、スラムダンク、るろうに剣心)から最新作のアニメまで幅広く配信されていて、放送中のアニメの見逃し配信も数多くしているので、色んなアニメを存分に楽しむことができます。

今なら31日間の無料期間があり、無料期間内に解約すれば料金を請求されることはないので、新規のユーザーが利用しやすくなっています。登録の際に決済方法を選択しますが、これは、無料期間を過ぎると自動的に有料会員に移行するためのものなので、継続しない場合は、解約を忘れないようにしてください。

 dアニメストア公式サイトで無料登録はこちら

2-8 アニメ放題のサービス内容

月額料金(税抜) 400円
総配信数 1,600作品以上のアニメを見放題配信
視聴可能デバイス パソコン、スマホ・タブレット、Apple TV、Chromecast
画質 SD~HD
支払い方法 クレジットカード、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
無料期間 1ヶ月

【ダウンロード機能のポイント】

  • ダウンロードできる動画の上限はない
  • ダウンロードの場合は画質を選択することができない

アニメ放題は、アニメ配信専門の動画配信サービスで、アニメを1,600作品以上配信しているので、他のサービスと比較してもアニメの配信数は多いです。ソフトバンクユーザー限定のサービスという印象もあるかもしれませんが、ソフトバンク以外の方でも利用できます

配信されているアニメは旧作から新作まで幅広く配信されていて、放送中のアニメの見逃し配信も数多く行っています。動画配信サービスでアニメを中心に観たい場合は、アニメ放題かdアニメストアを選ぶのがコストパフォーマンス、配信数の多さからみてもおすすめです。

今なら1ヶ月間の無料期間があり、無料期間内に解約すれば料金を請求されることはないので、新規のユーザーが利用しやすくなっています。登録の際に決済方法を選択しますが、これは、無料期間を過ぎると自動的に有料会員に移行するためのものなので、継続しない場合は、解約を忘れないようにしてください。

 アニメ放題公式サイトで無料登録はこちら

2-9 TSUTAYA TVのサービス内容

月額料金(税抜) 933円
総配信数 16,000本以上
視聴可能デバイス パソコン、スマホ・タブレット、テレビ
画質 SD~HD
支払い方法 クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い
無料期間 30日間

【ダウンロード機能のポイント】

  • 見放題の動画はダウンロードできない
  • ダウンロードできるのはポイントで購入するレンタル動画のみ

TSUTAYA TVは、レンタルショップでお馴染みの株式会社TSUTAYAが運営している動画配信サービスで、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティなどのジャンルを配信しています。

また、株式会社TSUTAYAが提供しているサービスには、TSUTAYA TVだけでなく、以下のとおり3種類あるので、好きなプランを選ぶことができます

  • TSUTAYA TV(月額933円):配信されている動画を観ることができる
  • TSUTAYA DISCAS(月額1,865円):宅配レンタルCD・DVDが借り放題(新作は8枚まで)
  • TSUTAYA TV+DISCAS(月額2,417円):上のTSUTAYA TVとTSUTAYA DISCASがセットになったプラン

TSUTAYA TVの特徴としては、やはり、他の動画配信サービスでは実現困難な動画配信サービスと宅配レンタルCD・DVDをセットで利用できるところです。動画配信サービスだけでは、他のサービスよりも劣っている面もありますが、それをカバーしているのが、32万作品以上のラインナップを誇る宅配レンタルCD・DVDのサービスです。このように、両方のサービスをセットで利用したい方におすすめのサービスです。

今なら、30日間の無料期間が用意されていて、無料期間内に解約すれば料金を請求されることはないので、新規のユーザーが利用しやすくなっています。また、TSUTAYA TVの無料期間は、TSUTAYA TVとTSUTAYA DISCASのセットを体験できるので、動画を無料で観られるだけでなく、宅配レンタルCD・DVDが借り放題も無料で利用できます。ただし、無料期間内は、宅配レンタルCD・DVDの対象が旧作のみです。登録の際に決済方法を選択しますが、これは、無料期間内を過ぎたら自動的に有料会員に移行するためのものなので、継続しない場合は解約、サービスを変更したい場合はコース変更を忘れないようにしてください。

 TSUTAYA TV公式サイトで無料登録はこちら

3.ダウンロードしてオフライン視聴する場合の注意点

ここまでは、ダウンロードできる動画配信サービスについて解説してきましたが、どのサービスのダウンロード機能も万能ではないので、注意点を解説します。

3-1 オフラインで視聴できるのはスマホアプリのみ

今回紹介したサービスで動画をダウンロードできるのは、基本的にスマホアプリのみです。

そのため、パソコンで動画を観る場合は、オンラインでストリーミング再生に限られるので、常にWi-Fi環境が必要になります。ただし、例外として、Netflixでは、Widnows 10バージョン1607 (Anniversary Update) 以降のパソコンならダウンロードして保存することができます。

とは言え、外出先で動画を観る場合は、スマホで楽しむことが多いと思うので、あまり不便さを感じることもないかもしれません。

3-2 配信されている全ての動画をダウンロードできるわけではない

ダウンロードしてオフライン視聴できる動画配信サービスでも、配信されている全ての動画をダウンロードできるわけではありません

各サービスによってダウンロードできない動画の数は違いますが、TSUTAYA TVの場合は、見放題の動画がダウンロードできないので、他のサービスと比べてダウンロードできる動画の数はかなり限定されます。

TSUTAYA TV以外のサービスの場合は、ほとんどの動画をダウンロードすることができますが、中には対象外の動画もあるので、注意しておきましょう。

3-3 ダウンロードできる動画の上限を設定しているサービスがある

ダウンロードできる動画配信サービスの中でも保存しておける動画の上限が決まっているサービスもあります。

サービス名 上限
Hulu 25個
auビデオパス 5個
Amazonプライムビデオ 25個
Netflix 100個

Netflixのように上限が100個であれば問題ないですが、auビデオパスの5個までは少なく感じてしまいます。

国内ドラマの場合は1クールが11話、アニメの場合は1クールが12話のことを考えると、最低でも15個以上の動画を保存できると便利ですね。

そう考えればHuluやAmazonプライムビデオの上限25個もあまり不便さを感じることはないでしょう。

3-4 高画質動画のダウンロードは時間がかかる

動画はデータ容量が大きいので、どうしてもダウンロードには時間がかかります

特に、高画質の動画になればなるほどデータ容量が大きくなり、高画質で映画を1本ダウンロードすれば2GBを超えることもあります。

そのため、時間がある時に余裕を持ってダウンロードしておくこと、動画のダウンロード時はスマホのバッテリーの減りも早くなるので、十分に充電を済ませておくことをおススメします。

また、外出先で動画を観る場合は、スマホの小さい画面で観る場合が多いと思うので、最高画質でダウンロードしなくても十分綺麗な画質で楽しむことができます。

ダウンロードを繰り返している内に自分にあった画質がどの程度か分かってくると思いますが、利用シーンに合わせて画質をコントロールできれば時間やバッテリーの節約にも繋ります。

3-5 視聴期限を過ぎるとライセンスを再取得する必要がある

ダウンロードした動画は無制限にオフラインで視聴できるわけではなく、視聴期限が設けられていて、期限を過ぎた場合はライセンスを再取得する必要があります。

「ライセンスを再取得」と聞くと、難しそう・面倒に感じるかもしれませんが、動画をダウンロードし直す必要はなく、オンラインでダウンロード済みの動画を少しでも再生すれば自動的にライセンスが再取得される場合がほとんどです。

ライセンスの取得だけならデータ通信量も大してかからないので、Wi-Fi環境がなくても問題ありません。

ただ、完全オフラインだと動画を観れないこともあることを覚えておけば大丈夫です。

4.結局どのサービスがおススメ?タイプ別のおススメランキング!

ダウンロードしてオフラインで動画を視聴できる動画配信サービスを紹介しましたが、全部で9つ紹介したので、どのサービスを利用したらいいか分からないこともありますよね。

そこで、タイプ別のおススメランキングをまとめています

目的
月額料金を抑えたい! Amazonプライムビデオ dTV auビデオパス
国内ドラマを中心に観たい! Hulu U-NEXT dTV
海外ドラマを中心に観たい! Hulu U-NEXT Netflix
アニメを中心に観たい! dアニメストア アニメ放題 U-NEXT
新作映画を中心に観たい! U-NEXT TSUTAYA TV Amazonプライムビデオ

とにかく月額料金が安いサービスを探している場合は、AmazonプライムビデオやdTVが業界最安級です。

国内ドラマや海外ドラマを中心にサービスを利用したい場合は、HuluやU-NEXTが配信数も充実しています。

アニメを中心に観たい場合は、断トツでdアニメストアとアニメ放題がおススメです。どちらもアニメ関連の動画しか配信されていませんが、他のジャンルの動画を見る予定がない場合は、この2つから選ぶのがベストです。

新作映画を中心に観たい場合は、U-NEXTがおススメで、レンタルよりも早く配信されることもあります。新作映画なので、個別に課金する必要がありますが、U-NEXTでは、登録時に600ポイント、その後、毎月1200ポイントもらえます。映画1本あたり500ポイント程度なので、無料期間中に1本、その後は毎月2本以上は新作映画を観ることができます。

タイプを5つに分けておススメランキングを紹介しましたが、自分にあったサービスかどうか分からない部分もあると思います。どのサービスにも無料期間があるので、無料期間だけでも一度利用してみて自分に合ったサービスかどうか確かめるのも一つの手でしょう。

 Huluへ U-NEXTへ dTVへ auビデオパスへ プライムビデオへ Netflixへ dアニメストアへ アニメ放題へ TSUTAYAへ

5.ダウンロードできないがおススメの動画配信サービス

ダウンロードしてオフライン視聴できるのは非常に便利ですが、ダウンロードができなくてもおススメの動画配信サービスがあるので紹介します

5-1 FOD(フジテレビオンデマンド)

月額料金(税抜) 888円
総配信数 22,000本以上+α
視聴可能デバイス パソコン、スマホ・タブレット、Apple TV
画質 SD~フルHD
支払い方法 クレジットカード、デビットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い
無料期間 1ヶ月間

FODは、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティなど幅広いジャンルが配信されていて、他のサービスにはない独占作品が5,000本以上も配信されています。運営は有名なテレビ局のフジテレビなので安心して利用できるサービスです。

FODの特徴は、フジテレビ番組の動画が充実していることがあり、放送中のドラマもほとんどが1話から最新話まで見逃し配信されています。正直なところ、他のサービスではほとんどフジテレビの作品を観ることができません。また、オリジナル番組の配信にも力を入れていて、地上波では観ることができないドラマやバラエティなどが数多く配信されています。

さらに、FODでは毎月100ポイント(1pt=1円)と8の付く日に400ポイントもらえるので、合計1,300ポイントもらえます(無料期間中も合計1300ポイントもらえます。)このポイントは、新作の映画(1本あたり500ポイント程度)などのPPV(個別レンタル)を観る場合に使えるだけでなく、17万冊以上の漫画・書籍を読むときにも使えます。(漫画は1冊あたり400ポイント程度)それに加えて、100誌以上の雑誌も読み放題になり、こちらはポイントを使う必要はなく、月額料金だけで読み放題です。

月額888円(税抜)で動画を観ることができ、ポイントで漫画や書籍が読めて、雑誌が100誌以上読み放題なので、他と比較してもコストパフォーマンスの良い動画配信サービスです。

今なら1ヵ月間の無料期間が用意されていて、無料期間内に解約すれば料金を請求されることはないので、新規のユーザーが利用しやすくなっています。ただし、FODの無料期間を利用するには、FOD公式サイトにアクセス後、「Amazonアカウント」でログインして、決済方法をAmazon Payにする必要があります。無料期間なのに支払い方法を選択するのは、無料期間を過ぎると自動的に有料会員に移行するためなので、継続しない場合は、解約を忘れないようにしてください。

※ Amazon payとは、Amazonに登録しているクレジットカードまたはデビットカードで決済する方法で、Amazonの通信販売でクレジットカードまたはデビットカードで決済したことがあれば既に登録してあるので、誰でもすぐに利用できます。

 FOD公式サイトで無料登録はこちら

5-2 ビデオマーケットのサービス内容

月額料金(税抜) ・プレミアム 500円
・プレミアム&見放題 980円
総配信数 200,000本以上
視聴可能デバイス パソコン、スマホ・タブレット、、Amazon Fire TV・Fire TV Stick、Chromecast
画質 SD~フルHD
支払い方法 クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い
無料期間 登録した月の月末まで

ビデオマーケットは、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティなどを200,000本以上配信していて、配信数は国内最大級の動画配信サービスです。

また、動画配信サービスで利用者のニーズに合わせてコースを選択できるサービスはほとんどないですが、ビデオマーケットはコースを以下の2つから選択できるので、利用者が好きなほうを選ぶことができます。

  • プレミアムコース(月額500円):毎月もらえる540ポイントで自分が好きな動画を購入できる
  • プレミアム&見放題コース(月額980円):毎月もらえる540ポイントで自分が好きな動画を購入できるだけでなく、20,000本以上の動画が見放題

ビデオマーケットの特徴としては、やはり総配信数の多さです。200,000本以上の配信数を誇るサービスは他にありません。さらに、デジタル先行配信で、Blu-ray・DVDの発売・レンタル開始よりも早く配信されることもあるので、いち早く新作を楽しむこともできます

今なら初月無料になり、無料期間内に解約すれば料金を請求されることはないので、新規のユーザーが利用しやすくなっています。また、無料期間は、「プレミアム」、「プレミアム&見放題」ともにありますが、「プレミアム」だと見放題作品が観れないので、どうせ無料なら「プレミアム&見放題」のほうがお得です。登録の際に決済方法を選択しますが、これは、無料期間を過ぎると自動的に有料会員に移行するためのものなので、継続しない場合は、解約を忘れないようにしてください。

 ビデオマーケット公式サイトで無料登録はこちら

6.まとめ

今回は、数多くある動画配信サービスの中で動画をダウンロードしてオフライン視聴できるおススメのサービスを紹介しました。

ダウンロード再生ができれば、通勤・通学などのスキマ時間でも動画を観ることができるので、楽しみ方が広がります。

9つのサービスを紹介しましたが、どのサービスにも無料期間があるので、実際に利用して自分にあったサービスを探してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事