M 愛すべき人がいて

\この作品を無料で観るならコチラ/

サービス 配信状況 無料期間
ABEMA
見放題
1ヶ月間無料
今すぐ観る

土曜ナイトドラマ『M 愛すべき人がいて』は、2020年4月18日(土)23時15分からテレビ朝日系で放送がスタートした連続ドラマです。

原作は、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまでを事実を元にして描いた話題の小説で、主演は、安斉かれんさんと三浦翔平さんが務めています。

そんな、『M 愛すべき人がいて』ですが、「放送時間が遅くて観れない」「録画を忘れていた」など様々な理由で見逃してしまう方もいると思います。

ここでは、『M 愛すべき人がいて』の動画の見逃し配信情報と無料視聴方法を中心に紹介します。

『M 愛すべき人がいて』のPR動画

『M 愛すべき人がいて』のフル動画の配信情報は次で紹介します!

『M 愛すべき人がいて』の動画配信情報一覧

サービス 配信状況 無料期間
料金(税込)
ABEMA
見放題
1ヶ月間無料
960円/月
今すぐ観る

『M 愛すべき人がいて』は、ABEMAで1話から最新話まで全て独占見放題配信中で、“独占”なので他の動画配信サービスでは観ることができません。

また、ABEMAには「1ヶ月間の無料期間」があり、期間中に解約すれば月額料金や解約金などを請求されることはないので、『M 愛すべき人がいて』を無料で観ることができます。

『M 愛すべき人がいて』を配信中のサービス一覧

『M 愛すべき人がいて』を配信中のサービスの概要を紹介します。

ABEMA

ABEMA
インターネットTV放送や動画を配信!
  • 配信状況:独占見放題配信中
  • 月額料金:960円(税込)
  • 無料期間:1ヶ月間

ABEMAは、ドラマやアニメ、音楽、スポーツ、ニュースなどの25チャンネル以上を無料視聴できるインターネットTVです。また、月額960円(税込)の「ABEMAプレミアム」に登録すれば、過去に放送された番組や人気番組などを全て見放題で楽しむこともできます。

ここで紹介している『M 愛すべき人がいて』は、1話から最新話まで全て独占見放題配信中です。

また、ABEMAには「1ヶ月間の無料期間」があり、無料期間内に解約すれば月額料金や解約金などを請求されることは一切ないので、気軽に利用することができます。

主要な動画配信サービスでの『M 愛すべき人がいて』の配信情報

サービス 配信状況 無料
期間
詳細リンク
ABEMA
見放題
1ヶ月間 詳細へ
U-NEXT
未配信
31日間 詳細へ
Paravi
未配信
2週間 詳細へ
FOD
未配信
2週間 詳細へ
TSUTAYA TV
未配信
30日間 詳細へ
Hulu
未配信
2週間 詳細へ
dTV
未配信
31日間 詳細へ
Amazonプライムビデオ
未配信
30日間 詳細へ
music.jp
未配信
30日間 詳細へ

『M 愛すべき人がいて』は、ABEMAで独占見放題先行配信中で、現在のところ他の動画配信サービスで配信されるという情報はありません。

ABEMAのサービスの詳細

ABEMA

月額料金 ABEMAプレミアム:960円(税込)
無料期間 1ヶ月間
動画のダウンロード 対応
画質 フルHD
対応デバイス ・パソコン
・スマートフォン、タブレット
・対応テレビ

・Fire TV、Fire TV Stick
・Chromecast
・Apple TV など
支払い方法 ・クレジットカード
・Google Playアプリ内課金
・iTunes Store(App Store)アプリ内課金
・Amazonアプリ内課金

ABEMAは、株式会社Abema TVが運営しているインターネットテレビで、基本的に無料で視聴できるサービスです。

また、「ABEMAプレミアム」というプランに登録すればABEMAで過去に放送された番組や人気の作品をいつでも見放題で視聴することができます。

ABEMAのおすすめポイント!

  1. 25以上のチャンネルを無料で楽しむことができる!
  2. ABEMAプレミアムに登録すれば過去に放送された番組や人気の作品が全て見放題!
  3. ABEMA限定のオリジナルコンテンツが5,000以上配信中!
  4. アニメや恋愛リアリティショーのラインナップが充実!
  5. 動画をダウンロードすることができる!

ABEMAは、ドラマやアニメ、音楽、スポーツ、ニュースなど25以上のチャンネルを無料で観ることができるインターネットテレビで、ABEMAプレミアムに登録すれば、過去に放送された番組や人気の作品などを全て見放題で楽しむことができます。

テレビの地上波放送や他の動画配信サービスでは観ることができないオリジナルコンテンツが5,000以上も配信されていて、アニメや恋愛リアリティショーが豊富にラインナップされています。

また、ABEMAプレミアムに登録すれば、動画のダウンロードにも対応しているので、自宅のWi-Fiで事前に観たい作品をダウンロードしておけば、外出先でもデータ通信量を気にせずに動画を視聴することができます。

無料期間中でも全ての動画が見放題!

Abemaプレミアムの無料期間

ABEMAには、「1ヶ月間の無料期間」があり、無料期間中に解約すれば月額料金や解約金などを請求されることは一切ありません。

また、無料期間中は、ここで紹介している『M 愛すべき人がいて』だけでなく、過去に放送された番組や人気の作品を楽しむことができます。

『M 愛すべき人がいて』をABEMAで観ようと思っている方は、この機会にABEMAのサービスを思う存分満喫してみてください!

\初回は1ヶ月間無料で楽しめる!/

『M 愛すべき人がいて』の作品情報

ドラマの見どころ・内容

歌姫・浜崎あゆみが誕生するまでの出会いや別れを描いて大ヒットした小説を、AbemaTVと共同制作によって、テレビ朝日で放送される。地元の福岡から東京に出てきて、トップアーティストになっていくアユを演じるのはドラマでの主演は初となる歌手の安斉かれん。ポストミレニアルギャルと言われている次の世代のギャルとしてデビューする前からメディアに出ていた安斉は、2019年にデビューを果たす。完璧すぎる見た目から、ネット上などでは「本当に実在するのか」という疑惑まで浮かび上がった安斉が、ついに本格的な演技にチャレンジする。令和となった瞬間にデビューを果たした安斉が平成の歌姫役をどのように演じてくれるのか!?また、レコード会社のA VICTORYを起ち上げ、素晴らしい活躍を見せ続けているプロデューサー・マサを演じるのは三浦翔平。様々なドラマや映画などに出演し、その存在感も増し続けている三浦だが、意外にも地上波のドラマでは初めての主演となる。父親になるなど公私ともに順調な三浦が、波瀾万丈の音楽業界で苦しみながらもトップを目指すマサをどんな風に演じ切るのかにも注目。

登場人物・キャスト

  • アユ(演:安斉かれん)
    小さい頃に父が姿を消して以来、福岡で母親と祖母と3人で暮らす女子高生。地元の福岡では、主にモデルとしての活動をしていたが、本格的に芸能活動をするために、祖母と一緒に東京へ引っ越す。高校に通いながらタレントとして活動するが、エキストラのような仕事しか入ってこなかった。そんなある日、友達から誘われて初めて行ったディスコで、レコード会社・A VICTORYの専務をしているマサと知り合う。そして、その出会いがきっかけとなり、アユの運命は大きく変わることになる。所属していた事務所を辞めて、マサからの指示でニューヨークに行ってレッスンをするなど、歌手としてデビューするための準備を始める。厳しいレッスンを耐え抜き、日本に帰ってきたアユを待っていたのは、マサに特別扱いされていることへの嫉妬、ライバルたちからの凄まじい嫌がらせだった。マサから言われることだけを信じて、一生懸命にレッスンするうちに、徐々にマサへの信頼感が恋心へと変化していく…。
  • マサ(演:三浦翔平)
    大学生の頃にレンタルレコード店の店長としてビジネスを開始。その後も事業を拡大し続ける優秀なプロデューサー。時代の移り変わりによって音楽の流行りにも変化があると予測し、ヒットメーカーの売上だけが支えになっている会社の将来を案じ、六本木にあるディスコでスターになる逸材を探している時にアユと知り合う。どんなに容姿端麗な女性を見ても心が動くことはなかったが、そのディスコでアユに連絡先を教え、自らの人生を懸けてプロデュースすることを決心する。アユに厳しくすることも多々あるが、それ以上に愛情をもって見守っていく。共に厳しい試練を乗り越えていくうちに、アユのことをアーティストとしてだけでなく、1人の女性として意識するようになる…。
  • 流川翔(演:白濱亜嵐)
    レコード会社・A VICTORYで働いているマサの部下。マサとは7年以上の付き合いで彼のことをよく理解している。マサのことを尊敬していて、ともに日本の音楽史を塗り替えるくらいの伝説を作りたいという熱い気持ちを持って一生懸命仕事に取り組んでいる。明るい性格をしていて、みんなから愛されるキャラクターをしているが、少しチャラいところがある。大浜たちに自らの燃え上がった野心を利用されることになる…。
  • 姫野礼香(演:田中みな実)
    レコード会社・A VICTORYでマサの秘書として働いている。絶対に右目にしている眼帯外すことがない謎の多い美女。長い間マサに好意を持っていて、彼が奥さんと別れることを期待している。眼帯を付けるようになった理由には、マサが絡んでいる様子で、凄まじい執着心で彼のことを想っている。大好きなマサがアユのことを特別扱いすることに耐え切れず、様々な汚い手段を使ってアユへ嫌がらせをする。
  • 大浜(演:高嶋政伸)
    レコード会社・A VICTORYの代表取締役社長をしている。ねちっこい性格をしている不快な男。レンタルレコード店の頃のマサの評判を聞いて独立させた。その後、一緒にA VICTORYを起ち上げ、経営面を仕切っている。会社が大きくなったのはマサのおかげだと思っているが、自分の立場を脅かされそうでなかなか認めることができない。色んな手を使って追い出そうとする。
  • 中谷(演:高橋克典)
    東京に出てきたアユが所属する芸能事務所の社長をしている。コギャルがブームとなっているため、日サロに行けと言うが、アユが売れるとは思っていない。だが、マサがアユの才能を見抜いたということを知った途端に惜しくなり、キープしようとする。アユが自分の事務所に所属しているにも関わらず、マサと会っていること問題視している大浜らと共謀して、2人の邪魔をしようとする。

スタッフ・会社

  • 原作:小松成美
  • 脚本:鈴木おさむ(『脳にスマホが埋められた!』、『奪い愛、冬』)
  • 企画:藤田晋
  • ゼネラルプロデューサー:横地郁英(『時効警察』シリーズ)
  • プロデューサー:服部宣之(『未解決の女 警視庁文書捜査官』)、谷口達彦、山形亮介、佐藤雅彦
  • アソシエイトプロデューサー:川島彩乃
  • 演出:木下高男(『警視庁いきもの係』)、麻生学(『遺留捜査』)
  • 制作:テレビ朝日
  • 制作協力:角川大映スタジオ

主題歌

「M」浜崎あゆみ

『M 愛すべき人がいて』の各話のあらすじ

第1話(4月18日)

1993年、福岡から祖母の幸子と一緒に東京に引っ越してきたアユ。ギャラが高い東京で成功すれば家族に楽をさせてあげられると思い気合の入るアユだったが、なかなか上手くはいかず、高校に行きながらエキストラのような仕事をする毎日を繰り返していた。そんなある日、歌手になりたいと思っている友人・玉木理沙から六本木にあるディスコで、レコード会社・A VICTORYの敏腕プロデューサー・マックス・マサが次のスターになる逸材を探していると聞かされたアユは、一緒にディスコへ通うことに。その一方で、会社の売上のほとんどが人気プロデューサーの輝楽天明によるものだという状況に危機感を抱いているマサは、社長の大浜に、ほかにもヒットを出す必要性を訴えるが、輝楽ブームで有頂天になっている大浜は話を聞こうとしない。そんなマサに秘書の姫野礼香は、優しい言葉を掛けるが…。その日の夜、いつものようにディスコへ行ったマサは、部下である流川翔に「いいと思うやつを連れてこい!」という指示をする。流川は、たくさんの女の子に声を掛けてマサのところに連れて行く。その中には、流川がイチオシの理沙と無理矢理ついてきたアユの姿もあった。緊張しながらもマサの前に立ったアユだったが、女の子の顔を見てどんどん切り捨てていくやり方に反抗してしまう。次の日、自分に対してはっきりと意見してきた姿を見て心を動かされたマサからアユに電話が…。

第2話(4月25日)

レコード会社A VICTORYの社長をしている大浜は、プロデューサーであるマサが、他事務所に所属しているアユと接触し続けていることを、チャンスとばかりに問題視する。大浜は、ディスコで中谷と会い、アユと接触しているマサのことを謝る。するとそこへマサがやって来て、中谷に「アユを譲ってください」とお願いする。アユを自分の手によって輝かせるために、土下座までするマサのことを見て中谷はアユの移籍を許すことにする。マサは、A VICTORYから歌手としてデビューすることを目指すアユに、ニューヨークでレッスンするように伝える。いきなりのことに驚きながらもニューヨークへ行ったアユを待っていたのは、スパルタ講師の天馬まゆみだった。次々と厳しいレッスンをする天馬…。全然ついていくことができないアユは、自分の実力のなさに凹む。時を同じくして日本では、マサが部下である流川翔に、ガールズグループのプロデュースを担当させることにする。やる気満々でメンバーを探し始めた流川は、前からお気に入りだったアユの友人である玉木理沙を誘う。その一方で、マサの秘書をしている姫野礼香は、マサがアユを依怙贔屓していることに不満を抱いていて…。そして3カ月後…。ニューヨークから日本に帰ってきたアユは、流川がプロデュースしているガールズグループの候補たちと一緒に合宿をすることになる。だが、マサに依怙贔屓されているアユへの風当たりは強く…。

第3話(5月2日)

レコード会社A VICTORYの社長をしている大浜は、流川翔がプロデュースを担当するガールズグループにアユを加えてデビューさせるとマサに伝える。異議を唱えるマサだったが、大浜は聞く耳を持たない。会社の決定事項に対してどうすることもできないマサは、アユにガールズグループの一員としてデビューが決まったと話す。ソロで活動したいと思っていたアユは、複雑な感情を抱くが、自分を押し殺して嬉しいふりをするが…。次の日、マサは会議にアユを同行させ、役員たちのいるところでソロデビューさせると言い放つ。だが、大浜や役員たちは、アユを罵倒し始める。どんなことを言われても笑顔でこらえているアユのことを見たマサは、アユが売れなかったら会社を辞めると言う。その一方で、マサの秘書をしている礼香は、アユに対して宣戦布告し…。ある時、マサはアユに作詞をするように指示を出す。彼女の言葉が人々を魅了すると考えたマサは、アユを“アーティスト”としてデビューさせたいと思っていた。そんなの無理…と弱気になっているアユだったが、祖母の幸子に元気づけられ、作詞に励む。アユが作詞に苦労する中、アユにとって心の支えにもなっている幸子が倒れる…。

第4話(6月13日)

レコード会社A VICTORYの社長をしている大浜は、アユがデビューを果たす日に、流川翔がプロデュースを担当しているガールズグループ・Axelsのデビューを合わせることに。マサはアユのプロデュースに身を捧げ、マネージャーである野島美香をはじめとする“チーム・アユ”全員に厳しく立ち向かう。どうにかしてマサのことを打ちのめしたい大浜は、全国にあるクラブを回るという堅実なやり方でAxelsを売ろうと思っていた流川のことを呼び出し、アユに勝つためなら多額のプロモーション費を投じると伝えるが…。マサの期待に何とかして応えようと頑張るアユだったが、その気持ちは空回り…。レコーディングで上手に歌うことができず、スタッフにもあきれられる…。なかなか音楽番組への出演が決定せずにイライラしているマサと、理沙たちAxelsからアユに勝ちたいと迫られている流川を招集した大浜は、大物プロデューサーである黒川誠に認めてもらえたら、音楽番組に押してもらえると匂わせる。さらにその後、流川にある案を出す…。その一方で、秘書の姫野礼香は、離婚したマサを呼び出し…。

第5話(6月20日)

レコード会社A VICTORYの専務をしているマサは、FAXでアユから送られてきたラブレターを読んでいた。その時、人の気配を感じたマサが振り向くと…そこにはウエディングドレス姿の秘書・姫野礼香がいた。「結婚式で着るドレスを借りてきた」と微笑みながら言う礼香。思いがけない出来事に固まってしまうマサだったが、キスを迫ってくる礼香をさけて、「結婚できない」と伝える。すると、礼香から笑顔がなくなる…。アユからの告白によって自らの想いに気が付いたマサは、アユのことを呼び出す。お互いの気持ちが一つになり、幸せを感じる2人だったが…。街中にアユの看板が増えている中、ガールズグループAxelsの玉木理沙は、プロデューサーである流川翔に焦りをあらわにする。力を持っているプロデューサーと一夜を共にしたことが理由で、なげやりになっている理沙から詰め寄られた流川は、やり場のない気持ちをマサにぶつける。周囲に左右されず自分のやり方を徹底しているマサが嫌いだと…。その一方で、社長の大浜は、マサを打ちのめすため、Axelsに多額の予算を投入。マサに牙をむいた流川とアユのことを恨んでいる礼香に、驚きの提案をする。大浜によって、アユとAxelsのデビュープロモーションはさらに白熱する…。そしていよいよ、アユとAxelsがデビューの日を迎える…。果たして、アユとAxelsの明暗は…?

第6話(6月27日)

アルバムが大ヒットを記録し、ブレイクすることに成功した平成の歌姫・アユとプロデューサーのマサは、公にはできないながらも少しずつ確実に愛を育んでいた。そんな2人に、激しく嫉妬しているマサの秘書である姫野礼香は、A VICTORYの社長の大浜に、ホテルから出てきた2人の写真をチラつかせて、メチャクチャにする作戦を持ち掛ける。礼香と大浜が暗躍していることに気付いていないマサは、自宅を改装し、アユを呼ぶ。アユの部屋やドレスルーム、音楽スペースなどがある夢のような家で、ともに暮らし始めた2人は、充実した日々を送っていた。忙しいながらも、アユが料理を作ったり、マサが曲作りを教えるなど、まさに幸せの絶頂…。その一方で、プロデューサーの流川翔は、大浜からAxelsの解散を告げられる。落胆しながらもアユに負けたという事実を受け止めるメンバーだったが、その日の夜、玉木理沙が自ら命を絶とうとして…。責任を感じ、すっかり意気消沈してしまった流川は大浜とマサに退職を申し出る。だが、マサは「逃げてんじゃねぇよ!」と言い放ち、メンバーたちが次の道を見つけるまでしっかりと向き合うよう言い聞かす。そんなある日の夜、アユとマサが家に帰ると…家の中にどういうわけか礼香がいた!そんな状況に驚きを隠せない2人に対して、礼香は恐ろしい行動を始め…?共謀している礼香と大浜に追い込まれるアユとマサ…。果たして、2人の運命は…?

【最終回】第7話(7月4日)

A VICTORYの社長をしている大浜は、会議の時に、ホテルから出てくるアユとマサの写真が週刊誌に掲載されるのを未然に防いだと言う。通常であればマサはクビになるはずが、その代わりに新しいフェスや映画事業の開発、新人の発掘と売出しという大きなプロジェクトを成功させるよう指令を出す。マサはアユのことを会社をあげて守ることと引き換えに、3つのプロジェクトを手掛けることを決める。マサと仕事ができなくなるかもしれないと心配になるアユ…。マサはとアユのことを抱きしめ、今までに教えた知識を生かして、周囲に積極的に意見するよう助言する。いざプロジェクトが始まってみると、相当多忙なスケジュールに、連日の接待…と、マサは朝帰りが増える。その一方でアユは、流川翔の助力で、次々に新しいことに挑戦し、ヒットを出していく。すれ違いが続く毎日の中でも、お互いを思い合う2人だが…。久々に時間ができたマサとお昼ご飯デートの約束をし、浮かれるアユ。だが、そのデートは実現できず…、謝るマサにアユは涙を流しながら今までの鬱憤をぶちまけてしまう。徐々に引き離されていく2人…。そんなある日、礼香の「アユはマサがいない方がいい歌を作る」という言葉がきっかけとなり、マサはある決心をする…。自分の気持ちを我慢し、悲しいシナリオを描くマサ。そして、アユはそんなマサのことを見て、いなくなってしまう…?その後、恩師である天馬まゆみ、マサが見守る中、アユはステージへ上がる。加えて、アユもマサに最後のラブレターを届けようと決めていて?果たして、アユとマサ、2人の運命は…?

まとめ

今回は、『M 愛すべき人がいて』の動画の見逃し配信情報や無料視聴方法、作品情報を中心に紹介しました。

主なポイントは以下のとおりです。

  1. 『M 愛すべき人がいて』は、ABEMAで1話から最新話まで全て独占見放題配信中!
  2. ABEMAには「1ヶ月間の無料期間」があるので、期間中に観て解約すれば無料で観ることができる!

『M 愛すべき人がいて』の動画配信情報一覧をもう一度確認する場合はこちら!

このページの情報は、2020年7月5日現在のものです。配信状況などは変更になる可能性があるので、各公式サイトでご確認ください。