U-NEXTの画質はフルHD・4K?設定や変更方法も徹底解説

U-NEXTは、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティ、アダルトなど様々な動画を120,000本以上配信しているサービスです。視聴可能なデバイスには、パソコン、スマホ、タブレット、テレビなど様々なものがありますが、どれくらいの画質で観ることができるのか気になりますよね。

そこで、今回は、U-NEXTの画質や設定方法まで詳しく解説します。

1.動画の画質


画質と言えば、SD、HD、フルHD、4Kなどの言葉を聞いたり、見たりすると思いますが、興味がない人にとっては、何が高画質なのかよくわからないですよね。そこで、まずは画質について簡単に解説します。まずは、下の表を見てください。

名称 解像度 備考
SD画質 480p DVDの同程度
HD画質 720p
フルHD画質 1080p Blu-rayの同程度
4K画質 2160p

動画の画質は、大きく分けると上の表にある4つに分けられます。細かく分けると他にもありますが、上の4つを押さえておけば問題ないです。

基本的に解像度の数値が高いほうが画質が良く、低いほうが画質が悪いです。ただし、一番画質が悪いSD画質でも皆さんがご覧になったことがあるDVDと同程度の画質なので、スマホなどの小さい画面で観る分には十分です。また、フルHDにもなれば、Blu-rayと同程度の画質なのでテレビなどの大画面でも綺麗な映像を楽しむことができます。画質に相当のこだわりがない限り、4K画質に対応している必要はあまりないかと思います。

2.U-NEXTの画質はフルHD対応

U-NEXTの画質は、SD~フルHDまで対応しています。(一部フルHD未対応あり。)他の動画配信サービスのほとんどがSD~HDまでしか対応していないことが多いので、U-NEXTは高画質のサービスと言えます。先ほど解説したように、フルHD画質ならBlu-rayと同程度の画質で観ることができるので、テレビの大画面でも綺麗な映像を楽しむことができます。

3.一部の作品は4K画質にも対応

U-NEXTでは、フルHD対応だけでなく一部の作品では、4K画質にも対応しています。4Kに対応している動画配信サービスは数える程しかないので、U-NEXTは先進的なサービスを提供していることになります。ただし、4Kに対応している作品数はまだ少なく、ほとんどがNHKオンデマンドの動画なので、個人的には見たい作品はあまりない印象です。今後、4K画質対応の作品が増えることを期待しましょう。参考までに4Kに対応している作品を下にまとめています。

■ 精霊の守り人
■ ダーウィンが来た!
■ ディーンフジオカのオススメSHV
■ 日本刀に恋して
■ 1914 幻の東京
■ ザ・プレミアム
■ Nスぺ 生命大躍進 など

4.画質の設定・変更方法

デバイス 選択肢
パソコン ■ 自動
■ 低画質
■ 高画質
スマホ・タブレット ■ 自動
■ 最低画質
■ 低画質
■ 高画質
テレビなど ■ 自動

※ 自動とは⇒通信環境によって自動的に画質を調整してくれます。

U-NEXTの画質の設定・変更方法や選択肢は、利用するデバイスごとに異なります。各デバイスでの方法について、画像付きで詳しく解説します。

4-1 パソコンの場合

パソコンで視聴する場合は、動画の再生画面で画質を設定することができます。

① 再生画面の右上にある[]をクリックします。


② 画面の右上に設定の項目が表示されるので、[自動]、[低画質]、[高画質]の3つから画質を選択することができます。

4-2 スマホ・タブレットの場合

スマホ・タブレットで視聴する場合は、パソコンとは違いあらかじめ画質を設定しておくことができます。

① U-NEXTアプリを開いて、左上の[]をタップします。

② 左上にある[ 設定・サポート]をタップします。

③ 一番上にある[画質設定]をタップします。

④ スマホ・タブレットは、通常再生(モバイル回線時)、通常再生(Wi-Fi回線時)、ダウンロードの画質を個別に選択できます。


⑤ 通常再生(モバイル回線時)、通常再生(Wi-Fi回線時)の場合は、[自動]、[最低画質]、[低画質]、[高画質]の4つから画質を選択することができます。

⑥ ダウンロードの場合は、[標準]、[高画質]の2つから画質を選択することができます。

4-3 テレビなどの場合

テレビやゲーム機での視聴の場合は、画質の変更はできません。通信環境によって自動で画質を調整してくれるので、常に安定した環境で動画を楽しむことができます。

5.通信量と必要な回線速度

U-NEXTの動画を観る場合の通信量と必要な回線速度について解説します。

5-1 通信量

画質 1GBあたりの
視聴可能時間
1時間あたりの通信量
最低画質 約12時間 約83MB
低画質 約4.5時間 約222MB
高画質 約0.5時間 約2GB

U-NEXTの動画を観る場合の通信量は、上の表のとおりです。最低画質と低画質については、通信量は少ないですが、高画質だとかなり多いです。通信制限にかからないように、モバイル回線時は最低画質か低画質で視聴して、Wi-Fi回線時は高画質で視聴するなど使い分けをしたほうがいいですね。

5-2 必要な回線速度

U-NEXTの公式の発表によると、動画の視聴に必要な回線速度は、標準画質で1.5Mbps以上、高画質で3.0Mbps以上となっています。この回線速度が速いのか遅いのか、結論から言えば大した速度ではありません。光回線ならもちろん余裕で再生できる速度です。また、お使いのスマホやタブレットのモバイル回線やポケットWi-Fiでも十分に動画を再生できる速度なので、あまり気にする必要はないと思います。

6.U-NEXTのサービス内容・特徴・評価

月額料金(税抜) 1,990円
総配信数 120,000本以上
サービスの
種類
見放題+PPV(個別レンタル)
視聴可能
デバイス
■ パソコン
■ スマホ・タブレット
■ Amazon Fire TV・Fire TV Stick
■ Chromecast
■ U-NEXT TV
■ ゲーム機
■ テレビ・Blu-rayプレーヤー
画質 SD~フルHD(一部4K作品あり)
支払い方法 ■ クレジットカード
■ ドコモケータイ払い
■ auかんたん決済
■ ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
■ Amazon.co.jp
■ U-NEXTカード
無料期間 31日間

※ 無料期間内に解約すれば料金は請求されません。

★U-NEXTの特徴・ポイント★

 総配信数は日本最大級でトップクラス
 登録時600ポイント、毎月1,200ポイントもらえる
 ポイントで最新作の映画を月に2~3本視聴可能
 デジタル先行配信でレンタルよりも早く視聴可能
 アダルト動画も配信
 70誌以上の雑誌が読み放題
 最大4台まで同時視聴が可能
 動画をダウンロードできる!オフライン視聴可能
 FOXチャンネルリアルタイム配信が視聴可能

U-NEXTは、株式会社U-NEXTが運営している動画配信サービスで、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティ、アダルトなど様々なジャンルの動画を配信しています。月額料金(1,990円(税抜き))が他のサービスと比較すると少し高いので敬遠されがちですが、サービス内容は非常に充実しています。

U-NEXTでは、月額料金だけで見放題の動画が65,000本以上と、PPV(個別に課金することで観ることができる動画)45,000本以上が配信されており、動画のラインナップ数は日本最大級です。また、総配信数が多いのはもちろんですが、最新作の映画の配信に力を入れていて、デジタル先行配信によりBlu-rayの発売・レンタル開始よりも早く配信されることもあります。さらに、登録時に600ポイント(1pt=1円)、毎月1,200ポイントもらえるので、それを利用して月に2~3本程度最新作の映画を観ることができます。(最新作の映画1本あたり500円程度)それに加えて、70誌以上の雑誌を読むことができるので、購読している雑誌が配信されていれば購読費を抑えることも可能です。機能面でも、最大4台まで同時視聴が可能で、動画をダウンロードすることもできるので、他のサービスと比較しても優れています。月額1,990円で、毎月1,200ポイントもらえるので、実質790円で動画が見放題、70誌以上の雑誌が読み放題と考えるとかなり充実したサービスです。

今なら31日間の無料期間が用意されており、無料期間内に解約すれば料金を請求されることはないので、新規のユーザーが利用しやすくなっています。登録の際には、支払い方法を選択しますが、これは、無料期間を過ぎると自動的に有料会員に移行するためのものなので、継続しない場合は、解約を忘れないようにしてください。

サービス評価表
月額料金 ★★☆☆☆ 2/5点満点中
作品の充実度 ★★★★★ 5/5点満点中
画質 ★★★★★ 5/5点満点中
視聴可能デバイス ★★★★★ 5/5点満点中
その他の要素 ★★★★★ 5/5点満点中
総合評価 4.4/5点満点中

7.まとめ

今回は、U-NEXTの画質や設定・変更方法を中心に解説しました。U-NEXTは高画質で楽しめるだけでなく、他のサービス内容も充実しています。気になる方は、無料期間を利用して自分にあったサービスかどうか試してみてはどうでしょうか。

公式サイト:U-NEXT